ホーム ニュース 商品情報 リバーアドベンチャークラブ プリヨンカップ&その他の大会 プリヨンジャパン 会社概要
 
メニュー
会社案内
アオキカヌー
ワークスの歴史
所在地
採用情報
直営店のご案内
プライバシーポリシー


アオキカヌーワークスは、40年間、カヌー一筋に打ち込んできました。

1970年から40年間、他の企業の傘下に収まることなく独立した企業としてFRPカヌーやカヤックを製造し、パ ドルやウエアを輸入し、カヌースクールで指導しながら『ひたむきにカヌーと付き合ってきました』

日本の歴史のひとつの転換点であった1970年大阪万国博覧会が開かれた年、パドリング・スポーツがまだまだ珍し かった頃、カヌーとカヤック専門の「大きな夢を持った小さな会社」が誕生しました。 競技選手としてカヌースラロームに打ち込み、オリジナルの組み立て式ファルトボートを開発し、FRP成形技能士と してカヌーやカヤックを製造、その後製造と並行して、当時憧れのドイツ製パドルの輸入を開始しました。

現在ではヨーロッパ最大のカヌー&カヤックメーカー「プリヨン」や「エスキモー」、パドリング・ギアの世界的先駆者イギリスの「パーム イクイップメント」、チェコの「ヒコ」、カナダの「ナバロ」、ヘルメットの「プロテック」やオ リジナル・ブランドの「ブルーエース」など数々の優れたパドルスポーツ製品を日本へ紹介してきました。

1980年初旬、オーストリア・アルプスでゴムボート激流下り「ラフティング」を体験。強烈な刺激を受け日本でも コマーシャル・ラフティングの開催を決意。1985年全国の適した川を調査した結果四国・吉野川の大歩危/小歩危 で日本初のコマーシャル・ラフティングをツアーをスタートさせ、今日全国で華盛りのコマーシャル・ラフティングの 基礎を築きました。

一方、創立時よりパドリングレジャーの啓蒙普及を目的に始めた「アオキカヌースクール」は現在まで約4万人を指導 し、多くの愛好家や著名なインストラクターを輩出、現在も「リバー・アドベンチャー・クラブ カヌースクール」と して引き継がれ、カヌースクールとは別に、ラフティング・ガイドやカヤック・インストラクターの養成コースも置か れています。

また、創業理念の「パドリングの楽しさの啓蒙普及/自然を愛しカヌーを通じて真剣に遊ぶ」を掲げ、今年で7年目に なる「全国縦断プリヨンカップ」の各地での開催を通じてユーザーの皆さんとの交流をはかっています。

カヌーに関する事だけを、仕事として40年間続けた中で得た多くの実績とノウハウをエネルギーとして、今後の更なる35年、パドリングのすばらしさを応援くださった多くの皆様と新しい子供達の世代に提案し続けて行きます。

有難うございました。そして、これからもよろしく。

アオキカヌーワークス ファミリー

   
ページトップへ